SSブログ

八神こうたの気になるニュースCHECK

日常会話をスムーズにする雑談ネタになりそうな「気になるニュース」をご紹介します。

 

カテゴリー:映画

ミロ(女性)はどうなの?聖闘士星矢の映画の感想は? [映画]

「抱きしめた〜心の宇宙(コスモ)」
「熱く〜燃やせ〜奇跡を〜起こせ」

聖闘士星矢といえば十二宮編

(ポセイドン編も好きだけど)

黄金聖闘士(ゴールドセイント)編ということで、
映画『LEGEND of SANCTUARY』を観てきました。

で、感想は…

ストーリーはちょっと微妙だったけど、
アクションアニメ映画としてはそこそこ楽しめた。

という感じ。

90分の映画で十二宮編を全部やるのはちょっと無理がある、さすがに。

まあ、それは観る前から分かっていたことなので、
アクションシーンで満足できたのでOK。

聖闘士星矢『LEGEND of SANCTUARY』(動画)でチェック↓



で、やっぱり気になったのが、ミロだ。

「なんで、ミロは女になってんの?」

ネット上でもかなり話題になったらしいが、
映画を観ても思った。

原作の天蠍宮(スコーピオンのミロ)はこんな感じ↓



なお、ミロはさそり座なんで、必殺技はスカーレット・ニードルという針系で、
・人間の中枢神経を刺激し
・激痛と共に全身を麻痺させる
という恐ろしい技を持っている。

蠍座の15の星を形どる15発より成り立ち、1発打つごとに相手に降伏か死かの選択を迫る非常に慈悲深い技である。特に蠍座の心臓部に位置する15発目はアンタレスと呼ばれ、技を受けた人間を確実に死に至らしめる。Wikipediaより引用


原作では氷河と戦っていたけど、
映画では主人公の星矢やアンドロメダ瞬と戦っていて、
スカーレットニードルをブチかましている。

ミロは男子→女性に性転換してむしろ強くなっている!?

まあ、原作でもミロは弱いわけではなかったけど、
かなり地味だったので、今回の映画では強くなったように感じた。

でも、強くするだけなら男のままで良かったのでは?

やっぱりミロを女に変更したことの意味はあんまりなかったと思う。
ミロの男性版(既存キャラ)のファンがいるわけだし、
どうせなら新キャラで女黄金聖闘士つくれば良かったのになあ。

まあ、原作に思い入れがあるので、
文句を言い出すとたくさん出てくるけど、
90分に十二宮編を濃縮還元したのは凄いと思う。

聖闘士星矢ファンで「まだ観ていません」という30代以上の人は、
ペガサス幻想(ファンタジー)を感じに映画館へゴーゴゴー!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます